だけど8ビートのダンスは踊りません。あしからず。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- -
つじギフト〜10th Anniversary BEST〜発売記念スペシャルイベントに招待♪癒されてきました^ー^
tu


自分にはあまり無縁だと思われる白金台に到着!

少しだけシロガネーゼにでもなった気分(笑)

zi


八芳園3階チャットで正午から行われました。

八芳園って結婚式会場だから、あちらこちらで幸せそうな祝いの歓声が聞こえ、なんか場違いな所に来た気分(^^;

会場に入ると薄暗く落ち着いた雰囲気でステージ中央にはウクレレが置いてあった。


同じ京都出身の女性のラジオDJがMCを進行。

あやの嬢はエメラルドに近いカーディガンを羽織り、ジーンズに茶色のロングブーツ姿で登場。

まずはミニライブから。

〜セットリスト〜

1.クローバー
2.たんぽぽ
3.愛する人へ
4.風になる

ウクレレ弾き語り、まぁ定番の曲ばかりですね。

たまには『君への気持ち』とか『おいたままラブレター』、『雨音』、『三日月の夜』なんかもやって欲しいよなぁ…。

たんぽぽはCDよりもキーが低めで歌っていたと思う。
なぜ八芳園でイベントを行ったのかというと、10年前のメジャーデビューする際に、マスコミ雑誌音楽関係者にコンペンションライブ?のお披露目でここの場所を利用したからだそう。

で、ライブ終了後はラジオDJの方と10周年をサクッと振り返るトーク。

途中フリップボードを使っての重(10)大事件を紹介(笑)

メジャーデビューCD発売するまで親に内緒にしていたとか、スタッフに手紙で怒られたとか、三つ編みからベリーショートに変えた時にも怒られたとか(笑)

まぁ、なんともあやの嬢らしいホッコリとした内容でした(^-^;

で、次は会場に入った際にあらかじめもらった紙に記入した質問に答えるコーナー。

あやの嬢はステージでピアノ弾くのはもうコリゴリだそうです(笑)

で、今度は逆にあやの嬢から客席に質問。

『今度こんなことやって欲しい事はありますか?』

迷わず手をあげて『踊り!』と答えました。

会場は笑いに包まれました(^o^)

『ハワイでフラダンス少しやったから、まぁボチボチ…。』

ステージでウクレレ片手に踊る姿もそう遠くない事ですかね(笑)


他には『一緒にコラボしてみたい人は?』との質問に、やはり出ました『くるり』!

同じ京都出身もの同士、レコード会社だって同じだから仲良くせなアカンやろ(笑)

他には『ジェイクシマブクロ』とコラボなんて言葉もありましたが、あやの嬢『いや、もう負けてます(笑)』って(;´д`)

質問コーナーで取り上げられた人はあやの嬢から直接直筆サインポスター、または直筆サイン色紙をプレゼントされる嬉しさ(^ー^)。
自分はジャンケンに負けたのでサイン色紙になりました(^-^;

そんな感じで約1時間の短いイベントは終了。

帰りの会場入り口であやの嬢が立ってお見送り(^o^)

久々に少しお話しも出来て、感謝の言葉も言え、握手して頂き、もう至れり尽くせり(*^o^*)

うん、これからものんびりと応援していくぜ!

a

- comments(2)
軽井沢日帰り旅行feat.姉(三十路記念)
一昨日、軽井沢へ姉と日帰りしに出かけた。

10月は姉の誕生月で、そういや口頭だけの祝いで何もしてなかったなぁって思い、ついでがてら最近軽井沢にまた行きたいなと思っていたので決行!

びゅうプラザで日帰りお得なセットを購入しました。

朝、大宮駅で姉と待ち合わせ。

会った途端、姉から開口一番。
 
『台所のコンロの火止めたかどうか…』

えっ(=▽=)??止めるの忘れたの?ってマジ?

『いや、たぶん止めた気がする。まぁ戻ってきて家がなかったら仕方ないかナァ。』
 
っておいおい!なんて危険なアネキ!!

もうガスコンロはケセラセラで諦めて、長野新幹線に乗車。 1時間もしないうちに軽井沢駅に到着!
 
k k

久々に軽井沢ショッピングプラザに来ました。澄みきった青空が美しかった!でもやっぱ寒いね。うん。

 k k
 
びゅうプラザで買うと付いていた特典その1を利用して『イングリッシュティーハウス』にてまずはティータイム♪

英国風の店内にあるゆったりとしたソファ。ピアノのクラシック音楽が静かに流れる心地よい空間。 ケーキの味はふつうだったけど、シナモンの効いたカプチーノは美味しかったなv(^^)v

 k

その後、ショッピングプラザ内をぶらぶらりん。 お腹も空いてきた14時。 軽井沢プリンスホテルイースト内にある『メインダイニング』にて特典その2昼食券を利用。
 
k k k

季節のお野菜が盛りだくさんで、ほんのりカレースパイスの効いたミートパスタの中には色々な種類のお豆が入っており、すんごく美味しかった(^_^)
 
秋深まる景色、木漏れ日、自然の空気も小さなスパイスだったのでしょうか。 食後、再びショッピングエリアへ。

 k k

相変わらず元気な姉だ。 『あれは浅間山かねぇ〜?』なんて言っているようですw
 
しばらくして見てから駅前で無料送迎バスに乗って、中軽井沢、星野エリアへ移動。

バスを降りて歩いて、内村鑑三記念堂に入りたかったのですが、挙式中で、残念ながら入れず…(涙) 概観だけ見て戻りました。

k k k k
 
まだまだ紅葉満開とはいきませんが、ところどころ紅葉してます。
 
k 

小さな川が流れる林道はまさに癒しの空間。自然の力って凄い!
 
k k

少し歩くと、ハルニレテラス。ここにはお洒落な雑貨屋さんやカフェがいっぱい! でもちょっとお値段が高いかな〜(汗) お洒落なお店をぐるっと眺めた後、向かった先は星野温泉『トンボの湯』。
 
k k k

なんかやたらと姉が写真にぼんやりと写ってますw
 
『トンボの湯』は大正4年(1915年)に草津温泉の仕上げの湯として開湯。
 
北原白秋や与謝野晶子などの文人も親しんだという温泉は『美肌の湯』とも呼ばれてます。

おかげでお肌すべすべ(^_^) 露天風呂は少し温めでしたがいい気持ちでした。
 
そんなこんなんでもう帰る時間。
 
k 

ショッピングプラザでは、野沢菜や産地取れたて食材を使ったジャムやソースの試食をしただけで、時間が足りなくて御焼きとか買いそびれてしまった(泣)
 
ショッピングプラザではミシェルクランでベージュ柄のカシミヤフリースを買いました(今日首に巻いていたTKのフリースを姉が寒がって奪っていったので…)。
 
k 

姉も何か買っていたけど、なんだったっけ??
 
ま、そんな感じで楽しゅう御座りました。 姉も満足していたみたいで良かった良かった♪

気まぐれ日記 comments(2)
昼間からみなとみらいでクラシックコンサートを愉しんだ♪

今日は休みでした。

朝起きて着替えて、中央線から横浜線に乗り換えて桜木町へ。

今日はみなとみらいホールにてクラシックのコンサートを聴くためだ。

ここ最近、J−POPや洋楽に少し飽和気味を感じ、なんとなく聴いたクラシック音楽の良さを認識。目覚めたばかり(恥)

9月も立川で秋山和慶さん指揮によるムソルグスキーの組曲『展覧会の絵』、ラベルの『ボレロ』の演奏を聴いていたのだが、うっかりブログ書くの怠けてしまいました。すんませんm(_ _)m




〜名曲を楽しむ午後のひととき〜みなとみらいクラシック・クルーズ vol.7

世界でも有名なベルリン・フィルハーモニーからホルンセクションの4人がステージでホルン演奏を奏でるというわけでどんなものか興味を抱いていたのだ。

コンサートは2部構成でランチタイムクルーズ、ティータイムクルーズ、どちらも各1000円なのだが、通し券を買うと1800円とお得なので勿論お得な方をお買い求めました。

席は1番前のステージからみて右端の方。演奏者のブレスもしっかり聞こえる位置でした。

曲と曲との間にトークがあるんですが、明らかにカンペを見ながら片言の日本語を読み上げる姿がなんとも可笑しい光景であった。



第1部はこんな感じのプログラムでした。



第2部はこんな感じでした。

あ

これは第2部のアンコール。第1部では東京バージョンでした。


ホルンの音って迫力あるけど、一歩間違えば眠ってしまうようなボワァンとした音だよね。隣の席にいたオッサン一番前の席でガン寝してたw

コンサートは大満足でした。

終了後、CD即売会にてCDを購入しCDにサインして貰いました♪

cd


お腹が空いたので、近くの洋食屋で遅いランチをとった。

スズキのソテーは美味しかった(^^)

そ


コンサートも終わり、おなかもいっぱいになって、さぁどうすっぺ?

久々にみなとみらい周辺を散歩しましたが、生憎の雨なので、さっさと立川の家に戻ってきちゃいました。




今度暇があったら横浜散策しよ。


気まぐれ日記 comments(0)
松任谷由実コンサートツアー2009 TRANSIT(10月2日・東京国際フォーラム)
ユーミンの音楽に惚れてかれこれ約15年…。

ついに生ユーミンのSHOWを崇める事ができ、嬉しく感激し過ぎて言葉で上手く表現出来ませんあせあせ(飛び散る汗)

拙い文ではありますが、読んで頂けたらこれ幸いもみじ

y

当日券、僅かながらキャンセル空きで出るかもと期待しつつ、国際フォーラムへ到着走る人

窓口で恐る恐る聞いてみたら、あった!!!!ハート達(複数ハート)


しかも2階の後ろの方でもなく1階の24列目、やや左!

超嬉しい!!!うれしい顔


ホール内に入るとタンゴ調のアコーディオンのBGM。ステージはローマ宮殿みたいなお城?な感じのセットが組まれていた。

19時過ぎぐらいになると客席真ん中にある音響ミキサーの席にユーミンの旦那、松任谷正隆さんがやってきて偉そうに座っていた。ちとコーフンするあせあせ(飛び散る汗)

19時10分過ぎ、客電が落ちる。

木で作られた大きな箱や小さな箱を作業員らしき人が運んでくる。

で、大きな箱を開けるとピアノの前に座るユーミンexclamation ×2

コンサートが幕を開けた。


〜セットリスト(他のからコピペさせて戴きました)〜

01.航海日誌
02.ベルベット・イースター
03.ピカデリー・サーカス
04.時のないホテル
05.Bueno Adios
06.まずはどこへ行こう
07.黄色いロールスロイス
08.幸せになるために (アンプラグド形式)
09.やさしさに包まれたなら(アンプラグド形式)
10.ハートの落書き
11.夜空でつながっている
12.自由への翼
13.青いエアメイル
14.ジャコビニ彗星の日
15.Flying Messenger
16.守ってあげたい
17.Forgiveness
18.14番目の月
19.水の影

〜アンコール〜

20.ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ
21.埠頭を渡る風
22.二人のパイレーツ



1曲目『航海日誌』の歌が流れた瞬間、なぜだか自分の目からこみ上げてくるものが顔中にあふれ出してきた。…そう、涙です泣き顔

初めて自分の小遣いで買ったユーミンのCDは『コバルトアワー』のアルバムCD。『ルージュの伝言』や『卒業写真』などの代表曲も収録しているが『航海日誌』はアルバム中では比較的地味な曲。

こんなマイナーな楽曲で冒頭1曲目に持って来てくるとは思いもしなかった!

1曲丸々、涙流しながら聴きましたヘッドフォン

続いて2曲目の『ベルベット・イースター』のイントロが始まると、またしても涙が…たらーっ(汗)(恥)

CDで散々聞き飽きるほど聴いたはずなのに、生で聴いてまたボロボロ…。もう男の子なのになにやってんだろう、俺げっそり(大恥)

ベルベットイースターからピカデリー・サーカスへの移り流れ方は格好良かった指でOK

そしてこの曲ではユーミンが弾くピアノを乗せた台がステージ上をグルグルと廻りだす!!

すげぇ!!

気がつけば涙が乾いてた。

4曲目の『時のないホテル』では曲間でワイヤーアクション!

またしてもすげぇぇ!!ユーミン55歳でよくやるなぁって感心してしまった…。

5曲目は、衣装を変えて、なんと自分が座っていた客席通路から登場!!

しかもすぐ目の前をユーミンがゆっくりと通ってくハート達(複数ハート)!!

これは凄く嬉しかった。思わず皆拍手をしてしまう手(パー)

6曲目。アルバムPR曲としてよく聴いていて荒井時代を髣髴させるメロディが印象的。ユーミンステージ上でステップを踏む。

7曲目の『黄色いロールスロイス』。

きっと東京だから来るかなと思っていたらやっぱり登場しました!

この楽曲のレコーディングにも参加したサディスティックミカバンドの加藤和彦さん!

熱いギタープレイと歌声を魅せてくれた。

8〜9曲目はアンプラグド形式で披露。

やさしさにつつまれたならといえば、やっぱ『魔女の宅急便』を思い出すナァ…わーい(嬉しい顔)

10曲目から15曲目までの記憶はちょっと曖昧ですが、何度か衣装を変えて歌ってましたね。

16曲目の『守ってあげたい』。

これはやばかった!
キラキラスパンコール姿のユーミンぴかぴか(新しい)!!55歳でこれをやれるとは流石だあせあせ(飛び散る汗)

まぁ、この曲の歌詞でも『もう一度あんな気持で夢をつかまえてね♪』なんて歌われてますし、きっとそういうことなんでしょね(笑)

そんな感じで気がつけばあっという間に本編が終了していた。

さて、アンコール。

『ダンデライオン』。いい曲だ。凄く好きだ。

そして次の曲のイントロが流れ出した。聴き覚えのあるこのメロディームード

『埠頭を渡る風』だ!!

…って思った瞬間、また目から感動のあまり涙が溢れ出してしまった泣き顔(大恥)

『埠頭を渡る風』は私の中でのユーミンベスト3に入る楽曲なんです。

もう泣きながら手を振り一緒に口ずさんでました。

最後は『2人のパイレーツ』で〆。

ダブルアンコールを期待してしつこく会場に残っていたファン(自分も)いましたが、係員のメガフォンで強制退去されましたげっそり

残念だナァ。どっかの会場では『卒業写真』とか『瞳を閉じて』とか『海を見ていた午後』とかやったらしいんだって。

てかコンサート終わってから、なんか足りない事に気づいた。

あ、Destiny歌っていないじゃんげっそり!!

どうやら昨日と最終日の今日は歌ってたみたい。悔しいぃぃぃぃ!!!聴きたかったのにぃ(T○T)

結ばれぬ悲しいディステニィ〜♪


全て観終えた感想。

楽曲のチカラといい、ステージで魅せるショウビジネスパワー。ユーミン恐るべし…。

ヤバイ!苗場とか逗子のコンサートにも行きたくなってきた。

生ユーミンの音楽が恋しい。

そんな夜です。

そいではおやすみm(_ _)m。

y

気まぐれ日記 comments(0)
奈良京都旅行
お久しぶりっ子ロックンロールでヒロシです。

9月6日の夜、立川から夜行バスに乗って旅行のはじまりはじまり♪

7日朝6時。久々に降り立った京都。途中バスの車窓から見えた鴨川に心躍らせる。 

京都駅前でバスを降りて、そっから近鉄奈良線に乗って奈良へ向かう。


駅を降りて大通りを歩き始めたら、だ。

朝からびびるの大木!

あ


あ

あ


奈良公園へ向かう前にフツーに舗道を呑気に鹿が歩いていた( ̄▽ ̄;)

しかも何匹も!

車にはぬられないかが心配に思った。

なのに奈良市民は冷静すぎる。鳩と同じ感覚なんだろうな。きっと。

それにしても可愛い(^ー^)


やがて、奈良公園にたどり着くと鹿煎餅も持ってないのに数頭に囲まれてしまい、服やら鞄に顔をつっこまれ身動きとれず、ちょっと怖かった(;_;)

でもね、そんななかマスターしたの、鹿の鳴き声(笑)

高音で『ゥイィ〜』って鳴いてたのを、すかさず自分も真似してみたら、数頭が寄って来ちゃったんだ。



さて、午前中は奈良公園方面を観光。















東大寺の南大門。そして奈良の大仏様を拝め、正倉院、二月堂、法華堂、春日大社を観て興福寺へと廻るコース。けっこう歩きました。





昼過ぎてお腹も空いたので奈良タウンで柿葉寿司を食べた。うん、叔父が言うとおり、美味しかった。

そんで見つけたこのキャラ。





せんとくん。

微妙にキモイようで憎めない可愛い変な存在ですw


昼からは西ノ京方面を観る。唐招提寺と薬師寺だけですが。




そっから最後、法隆寺のある斑鳩方面へと向かう。



しかし、この頃には足が痛くて痛くて歩くのが大変だった…。

こんな経験初めて。

足腰には自信があったのに情けない(泣)

本当は法隆寺から中宮寺、法輪寺、法起時まで歩こうと思ってましたが、法隆寺で挫折しました。


疲れましたが、この目で歴史の教科書にも載る世界遺産を観る事が出来て良かったと思います。


法隆寺を後にして、大阪に住む叔父の家に泊まらせてもらうため、移動。

途中、大阪駅で途中下車して名物『明石焼』を食べてみた。




感想。

味が薄い卵焼きのなかに蛸が入っている。ってそのまま(笑)

たこ焼きの方が好きかもw


夜8時過ぎに叔父の家に到着。

さっそく足の裏を見てみると血豆が5個も出来てた(;´д`)

『血豆占い』(笑)。

昔のふかわりょうのネタみたいに出来るよ♪

誰もしねーよ、んな(笑)


そんなこんなで1日目終了。


2日目。今度は京都。

宇治の平等院鳳凰堂に来ました。

来たら必ずやりたい十円玉片手にパシャリ(p.-)

仏像拝めて極楽いけるかも(^-^)






宇治川眺めてぼんやり昼飯何を食べようか考える。




宇治の茶店でこんなの食べました。




京阪電車に乗って移動。車体も車内も宇治色(^ー^)

そして『六地蔵』駅を通過。

くるりの曲『虹』の歌詞に出てくる『六地蔵』ってここかな?それともJRの方?





京阪を途中で降りて、久々に哲学の道を散策してホッコリ♪

汗ばむ暑さだが、木陰に入ると風が涼しい。

もう秋ね。

ホッコリしている間に午後2時になり哲学の道の途中で生誕27年を無事迎えた自分自身におめでとう&親に感謝m(__)m




哲学の道を抜けて、少し歩いたところにある『ツバメや家具』という店。

実はここがウクレレシンガーソングライター、つじあやのさんの御実家なのでございます(^ー^)

遠くから店の雰囲気を眺めるだけで店内には入りませんでした。

だって一見で何も買わないんだし失礼だしょ(笑)

もはやストーカー行為とも思われてしまいますが、店を眺めながら、つじあやの嬢のメジャーデビュー10周年をそっとお祝いしました。


出町柳から叡電に乗って終点の鞍馬へ。

そっから無料送迎車に乗って鞍馬温泉へ日帰り入浴♪




久々の温泉は気持ちよかぁ〜。

露天風呂から眺める山々の景色。

きっと秋に行ったら紅葉で超最高なんだろなー( -_-)

温泉でまったりしてまた駅へと戻る。

ホントは足に血豆なんかで痛くなかった
ら貴船口の川床や鞍馬神社なんかも行きたかったんだけど無理(泣)残念でした。


元田中駅を下車してから線路沿いの道を茶山方面へと逆歩行!?



何故かって?

そう…、ここの区間は、くるりの楽曲『5月の海』のプロモーションビデオの撮影ロケ地なんどすぅ〜(^ー^)

プロモでは元田中から茶山へ岸田さんがチャリに股がり煙草しながら漕いでおり、その後ろを社長と脱退間近だった達しんがランニング姿でマラソンしている内容(笑)。

きっとこんなことしてるのが馬鹿らしくて嫌だったから脱退したんだろうな、達しんは(爆)

たぶん、まだようつべやニコ動に動画あると思います。

本当は『三日月』のプロモロケ地にも使われた中華料理屋『ホウマイ』も行きたかったけど閉店したみたい┐('〜`;)┌

そんなこんなで鴨川で夕暮れ空に黄昏…。




京都タワーに久々に登って京都の町並みを見下ろし『タワワちゃん』と写真を撮った。





京都駅でお土産を買ってさようならぁ〜。



勿論新幹線内でのおやつは生八つ橋。


久々に楽しい1泊3日の旅行でした(^_^)♪

気まぐれ日記 comments(0)
comfortable feelings vol.1
久々の更新です。

今日は休み♪

日中は洗濯物干したり部屋の掃除をしたりして過ごす。

夕方から浜離宮朝日ホールにてコンサートを聴きに行く。

1組目はキセル。

〜セットリスト〜

庭の木
くちなしの丘
ピクニック
君の犬
夜の名前
夕凪

キセルのライブは初めて。

CDに収録した曲をどのように再現するかに興味がありました。

ライブはキセルの2人だけで、ギターとベース、それとリズムボックス音源を使用しての演奏でした。

それはとてもとてもcomfortable(快適)であったので、途中でちょっぴりウトウトしてしまいましたw


2組目はおおはた雄一さん。

〜セットリスト〜

残念ながらわかりません(恥)

ムッシュかまやつさんの『ゴロワーズを吸ったことあるかい』や高田渡さんの『コーヒーブルース?』をカバーしたのは解ったけど、オリジナルはさっぱしわけわかめ(爆)

時々ラジオなんかで耳にするけど、どうも記憶に残らなくてすみませんm(_ _)m

おおはたさんの奏でる音楽も、それはとてもとてもcomfortable(快適)であったので、途中でちょっぴりウトウトしてしまいましたw


最後、3組目はつじあやのさん!!

〜セットリスト〜

そばにいるから
頼りない天使
クローバー
Fly High
愛する人へ
Sweet Happy Birthday
戦場のメリークリスマス
風になる


ステージに登場し演奏しようとした瞬間ハプニング!

つじさん、演奏する曲名(そばにいるから)を忘れてシドロモドロw

さらに使用するウクレレも間違えたものを抱えていたことに気付くww

ほっこりなごみのある笑いが会場から湧き上がる。

そばにいるから、頼りない天使はウクレレ弾き語り。

3曲目のクローバーからいつもの通り、ピアノキーボード、ウッドベースのサポートが入り3人編成での演奏。

つじさんのメジャーデビュー10周年を記念したベストアルバム『つじギフト』がもうすぐ発売ということで、その中にも収録してある新曲『愛する人へ』も披露♪

つじさんらしい温か味のある歌でした。

MCではサポートミュージシャンを珍しくいじりまくっていたつじさん。意外とサディスティック!!

今日の一番の演奏は『Sweet Happy Birthday』。

丁度自分の誕生日も近いということもあって、まるでつじさんに祝ってもらっているかのごとく錯覚に陥るほど大好きな曲をついに生演奏で聴けてすんごく嬉しかった。そして思わず涙がポロッと出てしまった。

最後はつじさんの代表曲『風になる』で本編終了。



ステージからつじさん下がらずに、既に出番を終えたキセルとおおはた雄一さんをステージに再度登らせて、最後に3組でオザケンの名曲『愛し愛されて生きるのさ』をカバーセッション!!

〜セットリスト〜

愛し愛されて生きるのさ(つじあやの、おおはた雄一、キセル)


これが意外と良かった!

着せるのつじさんの『You Got Get It Do!』というコーラスも上手かった。

無事ライブはすべて終了!


今日のライブはcomfortable(快適)過ぎて、全然汗かかずにホッコリしてしまいました(笑)





気まぐれ日記 comments(2)
夏休暇2日目(cafe' haven't we met、C`est magnifique)
休み2日目。 父も母も朝から仕事で、自分1人ぼぉっと昨日買った音楽CD達を聴きながらお留守番。 昼は夕べ母が作っておいてくれた松前漬けを食べる。そうそう、これこれ、懐かしい味! a

昼飯を食べてから、高田渡の歌に出てくるように自転車に乗って仙台市内をお散歩。 


仙台のメインストリート藤崎デパート前の『あおば通』は現在、地下鉄東西線開業に向けて工事中であり、ケヤキがなくなってしまっているのが残念な景色。

 a

広瀬通に向かうアーケードの途中に今度新しいライブハウス『darwin』がオープンする。クラブジャンクボックスよりも多くキャパが入るがZepp仙台以下、約800名収容できるぐらいの規模らしい。 ライブハウス『darwin』は、モンキーマジックやGREEEN、キマグレンなどを抱える仙台を拠点に活動する音楽事務所『エドワードリミテッド』が出資したようで、こけらおとしには自社所属のモンマジがライブするみたいだ。新しい音楽の発信拠点になる事に期待したい。 それよりもZepp仙台を存続させてくれ!!駅前の再開発で取り壊すのは辞めてくれ!!
 
a

仙台のメインストリート定禅寺通りの遊歩道。久々に歩いてみる。杜の都だ。 ついついこの銅像のポーズの真似をしたくなる。さすがに恥ずかしいのでやりませんでしたが(笑)
 
そっから市役所の広場方面へ行くと、衆院選挙の公示のため演説する立候補者たちとマスコミカメラマン。 んで、驚いた事に、立候補者の中に小中の同級生だった人が出ていたのには驚いた。
 

東京エレクトロンホール(旧:宮城県民会館)裏通りにあるカフェ『cafe' haven't we met』でひとりカフェタイム♪

壁に映る時計。 落ち着いた店内はピアノのクラシックBGMが流れてる。 小さな調理場と棚に並ぶレコードとCD、ターンテーブル。 アッサムティーに、白い皿にラズベリーソースが点々とミルククリームがフワッと乗っかったブラウニーが美味しかった♪ お客さんも静かに会話してる。 居心地が良いです。 ただ、写真NGだったのが残念でした。 仕方が無いので外からの写真とフライヤーだけとりました。

 a a

カフェでまったりとした時間を過ごした後、近所に住む小学校時代の友人と逢い、少し談話する。

んで、帰りに家の近所にあるパン屋兼カフェ『C`est magnifique』でおやつのパンをテイクアウト☆
 
a a

ここのパン屋さんお気に入りです♪

今日はこんな感じでした。 明日で夏休暇終わりかぁ〜。やだなー。

気まぐれ日記 comments(3)
夏休暇1日目(ハイドンと中古レコードCD屋巡り)
約1ヶ月ぶりのキマグレンです、はい、ヒロシです。残暑お見舞い申し上げます。
 
昨日は仕事を終えて、一旦家へと戻り、荷物を抱えて仙台の実家へ里帰り。 22時過ぎに帰宅。

自分と入れ替わるように姉が夜間高速バスに乗って東京へと戻るため、1時間後に姉を家族皆でバスターミナルまで送る。 今朝はゆっくり起きた。
 

a 

父は会社へ出勤、盆明けなので少し憂鬱気(笑)

母とのんびり朝飯を食いながら、仕事の事や友人とのことなど話しているうちに気付けばお昼。 夕べの残りのコロッケとアジフライを食べた。

午後。
 
さ、久々に中古レコード屋巡りにでも出かけようかと支度していた時、母が言った。
 
『ハイドンの交響曲44番をついでに探してきて!』
 
…てなわけで、CD屋巡りがてら、母のおつかいも含まれてしまった。

最初に行ったのは『仙台さくらの百貨店』の最上階催事場で本日まで行なわれていた『中古音楽祭』。

なにかめぼしい物はないかと探しましたが見つからず、勿論ハイドンのCDも見つからず。

次に行ったのはブックオフ。 丁度午後3時から5時までの間、タイムセールで950円以上の音楽CDは20%引きというラッキーに遭遇! ここで、DAISHI DANCEによるスタジオジブリ作品のピアノハウスによるカバー集「the ジブリ set」とASA-CHANG & 巡礼の「みんなのジュンレイ」の2枚を購入♪ しかし、ここでもお目当てのハイドンの交響曲44番を収録したCDは見つからず…。
 
次に訪れたのはパルコ内にあるタワーレコード。 輸入版のボックスにはそれらしきタイトル曲を発見するも、さすがに2万円も出して買うのはどうかと思い断念。

ちょうどその時母から電話。 『今からダイエーで買い物するから来て。』と。

いそいそとダイエーへと向かう途中、再度母から電話。
 
『ダイエー向かいの新星堂のクラシックコーナーにいるから。』

てなわけで、新星堂で母と合流して、2人でハイドンのCDを探す。
 
『やっぱりないね〜』 なんていいながら探していると、ふと私の目に入った安価盤のクラシックCDシリーズ税込み315円。 ベートーベンやモーツアルトなどと並んでハイドンのもあった。
 
『こういう安価のCDってクラシック入門編には便利だけど、きっとショボくて聴き応えがないかもね、ハハハ…。』 って笑いながら収録曲一覧を眺めたら、
 
私『あった!交響曲44番!!』
 
母『え?マジ?』
 
私と母はしばらくじぃっとそのCDを眺めながら談話する。

母『315円ってそんな安くて音悪いんじゃない?』
 
私『う〜ん、ハイドンって没後200年は過ぎているから著作権がないからかな?あと、このCDの帯にはエリザベス皇太后より“ロイヤル”の称号を贈られた名門オーケストラの方々が演奏しているみたいだし。大丈夫なんじゃない?』 母『ま、315円だし失敗してもなんとかなるっしょ。』

てなわけで購入。 ダイエーの地下で買い物を済ませ、帰宅。
 
a 

早速、おやつ(ブルーベリーのレアチーズ、すんごく美味しいの!)を食べながらハイドンのCDを2人で試聴。

母『うんうん!これこれ!音良いじゃん!よかったぁ!』 どうやら満足したみたいだ。

ハイドンといえば『驚愕』、『軍隊』、『時計』あたりが有名みたい。

母が探し求めた交響曲44番は比較的マニアックに近かったのかな(笑)

おやつを食べ少しくつろいだ後、近くの『J&B』という中古CDレコード屋に行ってみる。

今日までダイレクトメール葉書持参した場合は20%引きでCDが購入できるという事なので何かないかなと探す。

結局、海外アーティストのエレクトロ系を集めたオムニバス盤と、1950年代に活躍したディーンマーティンという歌手のベスト盤を購入♪
 
a 

家へ帰って、父母私の3人と夕食。今日は冷しゃぶでしたぁ〜(^_^)
 
今はこの記事を書きながらASA-CHANG & 巡礼を聴いてます。





さ、明日は何しよう?何処へ行こう?

UAの新譜、細野さんとか参加してるから気になるんだけど、まだ買ってないや。B'zの新曲、ドラマに起用されているみたいで少し好きかも。
 
今日はこの辺で。

気まぐれ日記 comments(0)
いつもぐだぐだ
 つかれちゃったんです。

風邪を引いた(てか夜間バイトのドタキャンのせい)し、急遽、相模原地区方面へ異動になってしまって、慣れない環境で日々、ストレス&疲労が溜まってます。

ちなみに体重も2.5kg減。

この身長でこの体重、かなりやばくなぁぁぁぃ?ってレベルです(笑)

今日は嬉しいはずの公休ですが欝気味です。

もっと休みたい。

てか有給26日分使わせろ!コノヤロー!!

てなわけで愚痴って近況報告終了。

気まぐれ日記 comments(2)
くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜日本武道館
 7月9日木曜、日本武道館で行われたくるりのライブに行って来ましたハート達(複数ハート)

まずは御恒例でありますセットリストから。

覚えていない箇所は他のページを参照しちゃいましたあせあせ(飛び散る汗)

〜セットリスト〜

ワンダーフォーゲル
リバー
青い空
トレイン・ロック・フェスティバル
LV45
愉快なピーナッツ
かごの中のジョニー
Natuno
ミレニアム
屏風浦
マーチ
さよならリグレット
ブレーメン
背骨
ベベブ
リルレロ
ロックンロール
東京

〜アンコール〜

ばらの花

太陽のブルース

〜ダブルアンコール〜

魂のゆくえ


ミクシーで知り合ってチケットを譲ってくれた人と一緒に1階南西席でライブの開演時間までおしゃべりする。

午後7時。クラシック系音楽SEが流れる中、メンバー達がステージに登場すると大歓声ぴかぴか(新しい)


そしてライブスタート!!

♪ジャジャ、ジャジャ、ジャジャ、ジャジャ…♪

1曲目にはきっとワンゲルが来そうだなと思っていたらドンピシャ手(チョキ)

久々に生ワンゲルを聴いて興奮しまくった。そして一緒に拳突き上げて熱唱しちまったるんるん手(グー)ムード

セットリストを見るからに代表曲とマニアックな曲をほぼ平等に散りばめた感じでした。

ま、WOWWOWでも後日放送映画されるし、あまりマニアック過ぎても困るしね(笑)

今回はくるりのメンバー以外にドラムとギターのサポートが入り、計4名での演奏(曲によってサポートギターが抜けて3名)。

前回のZEPPの時はサポートはドラムだけでした。武道館ではピアノキーボードのサポートもつくかと思ってましたがつきませんでした。残念賞たらーっ(汗)


MCで覚えている事といえば、『ようこそライブハウス武道館へ!』と、 岸田さんが一度言ってみたかったようだ。『一回武道館でくるり見てみたいですね、一生叶わないけどw』と佐藤さん。
あとは昨年、武道館で観たTHE WHOのギタリストのウィンドミル奏法を岸田さんが真似していたっけ。

テレビカメラがまわっていたせいか、MCは比較的マトモ路線でしたね。

今回聴けて嬉しかったのはワンゲル、リバー、ブレーメン、屏風浦。

ベイビーアイラブユーとか男の子と女の子、ハイウェイなんかも聴きたかったんだが、演奏してくれず残念。またこの次の機会にってことかな?

そして名曲『東京』では演奏途中に岸田さんのメガネが恒例の如く外れる衝撃

思わず笑った衝撃

アンコールでは巨大な謎の板セットがステージに降りてくる。

降りてくる間ずっと、テクマクマヤコンとかドラクエの呪文を唱えてたしw

ずぅっと放置状態だったあの謎の板をようやく解読出来たので明日から活用しようと思います(遅!)

アンコールが終了しても拍手が止まず、ダブルアンコールが行われる。

『最後に愛を込めて歌います』と言って演奏したのは最新アルバム表題曲『魂のゆくえ』。

いやぁ、最後にジンと来たね泣き顔るんるん

ライブ終了後は、四谷で見ず知らずのくるりファンの人たちとのオフ会に参加してきた。

私、人見知り激しかったんですが、皆さんくるりの事になるとやっぱ話盛り上がるもんだね。楽しい時間を有難う御座いましたm(_ _)m

そんでもって秋から冬にかけてまたツアーが始まるようです。

都合がよければ行きたいなと思います。

今日はこの辺で。


- comments(0)
<< 2/32 >>

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE
CATEGORY
COMMENT
ARCHIVES
LINK
OTHER
qrcode



-new goods-
            自分のお部屋やリビングルーム、またはホームパーティやお洒落なカフェテラスでDJデビューしてみないかい?誰でも簡単に始められる今流行のCDJセット!

-ひろたんのおススメ☆-
伝説のロックバンド「はっぴいえんど」メンバー4人全員が監修した公式BOXセットは、ファンのマストアイテム!1985年の国立競技場での一夜限りの再結成をした時のライブ音源も初CD化!必聴!! 同じく「はっぴいえんど」のメンバーだった細野晴臣さんのソロワークスのボックスシリーズ!クラウンイヤーズがおススメです。モナドボックスは大半がBGMに近い音楽が多いです。 さらにさらに元はっぴいえんどのドラマーで作詩を担当し、後に歌謡界でも大活躍したヒットメーカー、松本隆さんの作詞家30周年記念ボックスセット。 風編にはヒットチャート1位を獲得したマッチのスニーカーブルース、松田聖子さんの赤いスィートピー、そしてレコード大賞も獲得した寺尾聡さんのルビーの指輪などのヒット曲が多数収録! 街編にはヒットチャートとは関係なしに松本隆自身が思い入れ、愛着のある楽曲を収録。 更にボーナスディスクとして、はっぴいえんど時代の未発表曲「ちぎれ雲」(作詩:松本隆/作曲:鈴木茂)が1973年当時のライブ音源で初収録!!音はあまり良くないけど、楽曲が良い!

-MY LIFE STYLE-
準備中

-お気に入りDVD-
クララが…!クララが立った!! 白パン!! おじいさぁぁぁん!! ペ〜タ〜! …ってついつい言ってしまうほどの名作アニメ「アルプスの少女ハイジ」のDVDボックスセット。高畑勲が演出を務め、宮崎駿も画面設定として参加した1974年度作品。 ピチカートファイブの映像をまとめたボックスセット! ピチカートファンなら必ず持っていたいね♪ 名作、赤毛のアンの実写映画!!僕もグリーンゲイブルズの家に住みたいな♪ ルーシー・モード・モンゴメリーの原作を高畑勲監督でアニメ化。宮崎駿、近藤喜文ら、後のスタジオジブリ作品の担い手達がこぞってスタッフとしてクレジットされている1979年放送の「世界名作劇場」である。 ウーピー・ゴールドバーグ主演作品で、世界中の人を魅了させたゴスペルコメディ「天使にラブソングを…」。続編の2では若き日のローリンヒルも出演しゴスペルを披露!! もうゲラゲラお腹を抱えて笑うしかないでしょ!! お笑いの古典といえばドリフでしょ!さぁ全員集合!!