だけど8ビートのダンスは踊りません。あしからず。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- -
松任谷由実コンサートツアー2009 TRANSIT(10月2日・東京国際フォーラム)
ユーミンの音楽に惚れてかれこれ約15年…。

ついに生ユーミンのSHOWを崇める事ができ、嬉しく感激し過ぎて言葉で上手く表現出来ませんあせあせ(飛び散る汗)

拙い文ではありますが、読んで頂けたらこれ幸いもみじ

y

当日券、僅かながらキャンセル空きで出るかもと期待しつつ、国際フォーラムへ到着走る人

窓口で恐る恐る聞いてみたら、あった!!!!ハート達(複数ハート)


しかも2階の後ろの方でもなく1階の24列目、やや左!

超嬉しい!!!うれしい顔


ホール内に入るとタンゴ調のアコーディオンのBGM。ステージはローマ宮殿みたいなお城?な感じのセットが組まれていた。

19時過ぎぐらいになると客席真ん中にある音響ミキサーの席にユーミンの旦那、松任谷正隆さんがやってきて偉そうに座っていた。ちとコーフンするあせあせ(飛び散る汗)

19時10分過ぎ、客電が落ちる。

木で作られた大きな箱や小さな箱を作業員らしき人が運んでくる。

で、大きな箱を開けるとピアノの前に座るユーミンexclamation ×2

コンサートが幕を開けた。


〜セットリスト(他のからコピペさせて戴きました)〜

01.航海日誌
02.ベルベット・イースター
03.ピカデリー・サーカス
04.時のないホテル
05.Bueno Adios
06.まずはどこへ行こう
07.黄色いロールスロイス
08.幸せになるために (アンプラグド形式)
09.やさしさに包まれたなら(アンプラグド形式)
10.ハートの落書き
11.夜空でつながっている
12.自由への翼
13.青いエアメイル
14.ジャコビニ彗星の日
15.Flying Messenger
16.守ってあげたい
17.Forgiveness
18.14番目の月
19.水の影

〜アンコール〜

20.ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ
21.埠頭を渡る風
22.二人のパイレーツ



1曲目『航海日誌』の歌が流れた瞬間、なぜだか自分の目からこみ上げてくるものが顔中にあふれ出してきた。…そう、涙です泣き顔

初めて自分の小遣いで買ったユーミンのCDは『コバルトアワー』のアルバムCD。『ルージュの伝言』や『卒業写真』などの代表曲も収録しているが『航海日誌』はアルバム中では比較的地味な曲。

こんなマイナーな楽曲で冒頭1曲目に持って来てくるとは思いもしなかった!

1曲丸々、涙流しながら聴きましたヘッドフォン

続いて2曲目の『ベルベット・イースター』のイントロが始まると、またしても涙が…たらーっ(汗)(恥)

CDで散々聞き飽きるほど聴いたはずなのに、生で聴いてまたボロボロ…。もう男の子なのになにやってんだろう、俺げっそり(大恥)

ベルベットイースターからピカデリー・サーカスへの移り流れ方は格好良かった指でOK

そしてこの曲ではユーミンが弾くピアノを乗せた台がステージ上をグルグルと廻りだす!!

すげぇ!!

気がつけば涙が乾いてた。

4曲目の『時のないホテル』では曲間でワイヤーアクション!

またしてもすげぇぇ!!ユーミン55歳でよくやるなぁって感心してしまった…。

5曲目は、衣装を変えて、なんと自分が座っていた客席通路から登場!!

しかもすぐ目の前をユーミンがゆっくりと通ってくハート達(複数ハート)!!

これは凄く嬉しかった。思わず皆拍手をしてしまう手(パー)

6曲目。アルバムPR曲としてよく聴いていて荒井時代を髣髴させるメロディが印象的。ユーミンステージ上でステップを踏む。

7曲目の『黄色いロールスロイス』。

きっと東京だから来るかなと思っていたらやっぱり登場しました!

この楽曲のレコーディングにも参加したサディスティックミカバンドの加藤和彦さん!

熱いギタープレイと歌声を魅せてくれた。

8〜9曲目はアンプラグド形式で披露。

やさしさにつつまれたならといえば、やっぱ『魔女の宅急便』を思い出すナァ…わーい(嬉しい顔)

10曲目から15曲目までの記憶はちょっと曖昧ですが、何度か衣装を変えて歌ってましたね。

16曲目の『守ってあげたい』。

これはやばかった!
キラキラスパンコール姿のユーミンぴかぴか(新しい)!!55歳でこれをやれるとは流石だあせあせ(飛び散る汗)

まぁ、この曲の歌詞でも『もう一度あんな気持で夢をつかまえてね♪』なんて歌われてますし、きっとそういうことなんでしょね(笑)

そんな感じで気がつけばあっという間に本編が終了していた。

さて、アンコール。

『ダンデライオン』。いい曲だ。凄く好きだ。

そして次の曲のイントロが流れ出した。聴き覚えのあるこのメロディームード

『埠頭を渡る風』だ!!

…って思った瞬間、また目から感動のあまり涙が溢れ出してしまった泣き顔(大恥)

『埠頭を渡る風』は私の中でのユーミンベスト3に入る楽曲なんです。

もう泣きながら手を振り一緒に口ずさんでました。

最後は『2人のパイレーツ』で〆。

ダブルアンコールを期待してしつこく会場に残っていたファン(自分も)いましたが、係員のメガフォンで強制退去されましたげっそり

残念だナァ。どっかの会場では『卒業写真』とか『瞳を閉じて』とか『海を見ていた午後』とかやったらしいんだって。

てかコンサート終わってから、なんか足りない事に気づいた。

あ、Destiny歌っていないじゃんげっそり!!

どうやら昨日と最終日の今日は歌ってたみたい。悔しいぃぃぃぃ!!!聴きたかったのにぃ(T○T)

結ばれぬ悲しいディステニィ〜♪


全て観終えた感想。

楽曲のチカラといい、ステージで魅せるショウビジネスパワー。ユーミン恐るべし…。

ヤバイ!苗場とか逗子のコンサートにも行きたくなってきた。

生ユーミンの音楽が恋しい。

そんな夜です。

そいではおやすみm(_ _)m。

y

気まぐれ日記 comments(0)
スポンサーサイト

- -
Comment









/

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE
CATEGORY
COMMENT
ARCHIVES
LINK
OTHER
qrcode



-new goods-
            自分のお部屋やリビングルーム、またはホームパーティやお洒落なカフェテラスでDJデビューしてみないかい?誰でも簡単に始められる今流行のCDJセット!

-ひろたんのおススメ☆-
伝説のロックバンド「はっぴいえんど」メンバー4人全員が監修した公式BOXセットは、ファンのマストアイテム!1985年の国立競技場での一夜限りの再結成をした時のライブ音源も初CD化!必聴!! 同じく「はっぴいえんど」のメンバーだった細野晴臣さんのソロワークスのボックスシリーズ!クラウンイヤーズがおススメです。モナドボックスは大半がBGMに近い音楽が多いです。 さらにさらに元はっぴいえんどのドラマーで作詩を担当し、後に歌謡界でも大活躍したヒットメーカー、松本隆さんの作詞家30周年記念ボックスセット。 風編にはヒットチャート1位を獲得したマッチのスニーカーブルース、松田聖子さんの赤いスィートピー、そしてレコード大賞も獲得した寺尾聡さんのルビーの指輪などのヒット曲が多数収録! 街編にはヒットチャートとは関係なしに松本隆自身が思い入れ、愛着のある楽曲を収録。 更にボーナスディスクとして、はっぴいえんど時代の未発表曲「ちぎれ雲」(作詩:松本隆/作曲:鈴木茂)が1973年当時のライブ音源で初収録!!音はあまり良くないけど、楽曲が良い!

-MY LIFE STYLE-
準備中

-お気に入りDVD-
クララが…!クララが立った!! 白パン!! おじいさぁぁぁん!! ペ〜タ〜! …ってついつい言ってしまうほどの名作アニメ「アルプスの少女ハイジ」のDVDボックスセット。高畑勲が演出を務め、宮崎駿も画面設定として参加した1974年度作品。 ピチカートファイブの映像をまとめたボックスセット! ピチカートファンなら必ず持っていたいね♪ 名作、赤毛のアンの実写映画!!僕もグリーンゲイブルズの家に住みたいな♪ ルーシー・モード・モンゴメリーの原作を高畑勲監督でアニメ化。宮崎駿、近藤喜文ら、後のスタジオジブリ作品の担い手達がこぞってスタッフとしてクレジットされている1979年放送の「世界名作劇場」である。 ウーピー・ゴールドバーグ主演作品で、世界中の人を魅了させたゴスペルコメディ「天使にラブソングを…」。続編の2では若き日のローリンヒルも出演しゴスペルを披露!! もうゲラゲラお腹を抱えて笑うしかないでしょ!! お笑いの古典といえばドリフでしょ!さぁ全員集合!!